虫の住処

2013年06月17日(月)
Untitled document

こんにちは、センチュリー21ハウスウェル賃貸管理部です。

一見綺麗な建物でも、近づいてみると意外に汚れが目立ったり、そんな物件をみたことはありませんか?

たとえば隣接する建物の構造上、雨が当たりやすくなってしまった壁面部分が変色したり、風の通り道で、土ぼこりが常に付いてしまうなど仕方がない点も多々あります。

今回オーナーさんからご相談頂いた物件では、入り口の扉の下の部分、開閉するたびに力が掛かる部分のコーキングに隙間が出来てしまい、そこから外の虫が入ってきてしまうというものでした。

これを放っておくと、どんどん穴が大きくなり、いろいろな虫が床に沸いてきてしまいます。

そうならないために、殺虫剤をまんべんなく噴霧し、その穴をコーキング剤で埋めてあげます。(右写真)

これで外からの道は塞がれ、虫は中に入ってこれなくなりました。

簡単なお手入れひとつで、物件の住み心地はぜんぜん変わってきます。

「ちょっと気になるところがあるのだけれど・・・」

そんな時はぜひハウスウェルにお声がけください!

気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

気軽に問い合わせる

前へ一覧に戻る次へ

ログイン
 
さいたま不動産投資