火災報知機について

2013年07月13日(土)
Untitled document

こんにちは、センチュリー21ハウスウェル賃貸管理部です。

火災報知機について、まだお部屋に付けてないというオーナー様はいますでしょうか?

平成23年6月1日から、すべての住宅で住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

※但し、付けないからといって、すぐにどうこうという罰則規定はございませんので、訪問販売や電話での勧誘にはご注意ください。

話は戻って、火災報知機ですが、万が一火災が発生した場合、報知器が設置して無いと保険が降りない・・・ということはないようです。

ですが、消防署の担当の方にお話しを伺ったところ、火災報知機を付けてない部屋を寝室として使用しており、かつ火災にて逃げ遅れてしまった入居者様がいた場合、何らかの責任がオーナー様に掛かることは考えられる、とのことでした。

なんとも曖昧な表現ではありますが、色々なケースが考えられますので立場上言い切ることはできないのでしょう。

問題は、火災報知機を付けていないことによって、火災発生時に問題が発生する可能性がある、という一点です。

ハウスウェルとしては、考えられる問題はすべてお話しするべき、と考えますので、それを元にリスクの説明をさせて頂いております。

気になる点は何でも私たちにご相談下さい!

気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

気軽に問い合わせる

前へ一覧に戻る次へ

ログイン
 
さいたま不動産投資